【小3】教育ユーチューバー、教育格差

スポンサーリンク
教育・受験情報

教育ユーチューバー

NHKで見たのですが、教育ユーチューバーなんて人がいるのですね。

すぐに調べちゃいましたよ。

PERSOLのサイトがわかりやすかったので、こちらのリンクを貼りました。

【教育YouTuber 葉一さん】勉強動画で子どもを笑顔に | PERSOL(パーソル)グループ
元塾講師の“教育YouTuber”葉一さんが投稿する授業は分かりやすいと定評がある。これまでに投稿した勉強動画は2,900本以上。チャンネル登録数は52万人を超え、教育系動画では断トツで人気だ。「成績が伸びたと書かれたコメントの裏に、子どもの笑顔が見える」と微笑む、葉一さんの「はたらいて、笑おう。」とは。

「世の中を良い方向に変える仕事を創り出す」素晴らしいですね。

【小3 算数】  小3-2  かけ算のきまり②

こうやって、教えてあげればよいのか~

お母さんの予習にも、役立ちます。助かる~(涙)

教育格差

このユーチューバーの葉一さんの活動のきっかけは、教育機会の差だったそうな。

塾って、お金かかりますものね~。送迎の時間も。

中学受験を考えている家庭は、どちらかというと貧困とは無縁。

わが家も小学校受験をしているくらいなので、貧困とは無縁。

それは、事実だから、しょうがない。

ただ・・・地に足をつけて生活していくことは、夫と確認しています。

さて・・・

私が、子ども達の世界に格差を感じたのは・・・

娘が認可保育園に入園してしばらくしてからのことです。着ている服、履いている靴、持っているタオル、カバン。毎日送迎する親の服装や持ち物。住んでいる家。

入園して、余裕がでてくると、そういったことに目が行って、格差というものが現実、存在しているということを肌で感じました。

貧困家庭の子どもが目立つきっかけは、問題行動なんですよね。保育園の中でも存在するのです。可愛い洋服を着ていると砂をかけて、わざと汚したり・・・靴やカバンを投げたり。心も荒んでしまう。笑顔がだんだん消えていく。

そして、だんだん、仲良しグループの輪からはずれていく・・・。

子どもの世界にも、あるんだなぁと、観察していました。

貧困は連鎖するといいますが、そういった意味で教育格差も連鎖していきますよね。

ユニバーサルな社会に

私は外資系に勤めているので、CEOの年収は億の世界、私のような社員はそれに比べたら雀の涙。

それはそれは、格差を感じる世界です。

ただ、子ども時代の教育の機会は、最低限平等にすべきだと思います。義務教育が小学校からでは遅いと思っています。

生まれた時から、教育って始まっています。そこから人間としての土台が形成されはじめている。三つ子の魂百までと言いますが、乳児の時代の大人への信頼関係、愛着関係、そこで見たもの、感じたことは、一生の宝物になると信じています。

「自分は頑張れる子、やればできる子なんだ!」と自己肯定感をもった子どもなら、こういったユーチューブを使った勉強でも、学力は伸びていくと思います。

世の中が、みんなにとって、ユニバーサルな社会になることを信じて。

私も、娘が「世の中を良い方向に変える仕事を創り出す」
そういっことができるように、導いていきたいと思います。

それが、私の社会貢献のひとつだと信じています!

はな
はな

皆様! 頑張りましょう!

タイトルとURLをコピーしました