【小3】上野動物園と下町風俗資料館

スポンサーリンク
おでかけ・体験・遊び

久しぶりの上野動物園

幼児の頃は、年に2~3回ぐらいは、動物園に行くように心がけていました。

色々な動物の名前を覚え、肉食なのか、草食なのか、哺乳類、鳥類、爬虫類などを学び、卵で産まれるか、赤ちゃんで生まれるか、そんなお勉強をしていました。

それもすべて小学校受験の勉強のためでした。

母は必死でした(笑)

今回は、久しぶりに、時間があったので、動物でも愛でてみようということで、出かけました。

上野動物園は、あちらことらが工事中でした・・・。

パンダも以前は、脇から見ることができたのに、封鎖されており、なんか意地悪だなぁと思ったり・・・。でも、この方のブログでパンダの今を知ることができます。

毎日パンダ | 上野動物園のジャイアントパンダ リーリーとシンシンの日常を毎日お届け
上野動物園に毎日通う人によるパンダブログ。リーリーとシンシンの可愛すぎる日常を膨大な写真でお届けします。

娘が小さい頃に喜んで乗っていたモノレールも2019年11月で休止らしいです。もう乗れないかもしれませんので、最後に1回、思い出に乗りたい方は、お早目に!

夫と娘が好きな鳥  ハシビロコウ です。この鳥は、動かないことで有名。
動く姿が見たくて、人間もじっーと見ていたりします。そういった人間観察をするのも、また面白い。

小さい頃は、パンダとか、象、キリンなどばかり見ていましたが、好みもだんだん変わってきます。

上野動物園のサイトには、動物図鑑というページがあり、色々な動物のことをコンパクトに知ることができます。鳴き声なんかもあるので、見ていて面白いです。

動物園に行く前、行った後にこういったもので、復習しても、楽しいし、学びにつながりますよね。

どうぶつ図鑑「ハシビロコウ」 | 東京ズーネット
動物たちの情報を、フリーワードと分類からすばやく調べられるページです。

下町風俗資料館

上野動物園の弁天門からでて、しばらく道なりにまっすぐ歩くとあるのが、下町風俗資料館です。

大正時代の古き良き江戸の風情をとどめる東京・下町の街並みを再現しています。

娘が小学3年生になり、はじめて入館しました。結構こじんまりとしていますので、見過ごさないようにご注意を!

昔の街並みや部屋、銭湯の番台もあったりしました。家族で番台に座って、おおはしゃぎしてしまいました。昔の玩具もあり、遊び方も説明していただき、実際に遊んでみました。
そんなことをしていたら、思いがけず、2時間近く、見学していました。

上野動物園とこちらの資料館で、学びの多い1日を過ごすことができました。

http://www.taitocity.net/zaidan/shitamachi/
はな
はな

上野は楽しい所ですよね!

タイトルとURLをコピーしました