【小5】年収1200万円以上の児童手当廃止は「働き損の子育て罰」。キャリア断念、産み控え、仮面離婚考えた夫婦も

スポンサーリンク
ママのつぶやき

子どもができてから、税金に関心をもつようになりました。

それまでは、取られるものは取られる、仕方ない。

そう思って、損ばかりだけど、仕方がない。

あの頃は、時間的な心の余裕もあったし、子どもができなければ、貯金なんて、そんなになくともいいなぁとも思ってました。

 

 

しかし、子どもが生まれ、時間がない、ベビーシッターに高いお金を払う、自分の睡眠時間を削る。

夫婦で働いているので、税金たくさん取られる。

認可保育園は、社会的弱者と認められる方から入園できる。

シングルでも、年収が高い方は、入るのが大変なのが現状。

 

たまたま、シングルで生活保護も受けている人と知り合った時・・・驚きました。

だって、すごい一等地のきれいなマンションに住まわれていて・・・

この辺りファミリータイプ30万位からだよね・・・

思わず検索しちゃいました(笑)

 

税金の再分配・・・何が平等か、本当に難しいと思う。

最近は、区営住宅とかじゃなくて、借り上げという制度があるらしいです。

だから、表向きは普通のマンションに住んでいる感じ。

はじめは、認証保育園に予約金を払って入れたのですが、1歳児クラスで認可保育園に入って、いろいろな方と知り合い、これまで自分が社会のほんの隅っこで生きていたことをしりました。

保育園には、色々な方がいて、勉強になりました。

頑張っている人もいるけど・・・社会制度を悪用している人もいるのは事実。

でもね・・・

子育てが罰なんて思わないでいい社会を作ってほしい!!

年収1200万円以上の児童手当廃止は「働き損の子育て罰」。キャリア断念、産み控え、仮面離婚考えた夫婦も
年収1200万円以上の世帯への児童手当を廃止することで政府・与党が合意した。当初は、支給の所得制限の算定基準を「夫婦のうち所得が高い方」から「夫婦合...

タイトルとURLをコピーしました