【小5】四谷大塚『予習シリーズ』改訂で3年生2月入塾では手遅れになる可能性も

スポンサーリンク
ママのつぶやき

うんうん

四谷大塚『予習シリーズ』改訂で3年生2月入塾では手遅れになる可能性も | CHANTO
「中学受験の正体」を“イロハ”から進学塾VAMOSの代表・富永雄輔さんに教えていただきます。   今回は、中学受験対策塾に入る時期について。ここ数年で、入塾の低年齢化が加速しているというその理由について聞きまし […

 

中受ブームで塾の「椅子取り合戦」が熾烈ですよね。

娘は小学校2年のカリキュラムが始まるタイミングでサピックスに入りました。

小学校1年生の2月。

その時は、余裕だったような。

 

娘は私立小学校に通学しています。

オンライン授業をすると言えば、保護者は、すぐに準備します。

お金も意識も、何もかも学校優先の体制。

どの家庭もワイヤレス通信ができる体制ですから、ipadの導入なんかもスムーズでした。

 

友人の話を聞くと、やはり、受験して入る学校は、国立・都立・私立、コロナでも素晴らしい体制を作っていて、実現していますね。

公立は、なかなか難しいのでは?

家庭の協力体制が、家庭毎に異なるから。

先生方が苦慮されているイメージ。

 

まぁ コロナで教育格差が浮き彫りになっていますよね。否めない。

でも、時間が解決してくれそうな気もする。

国も頑張ってますからね。

タイトルとURLをコピーしました