【小4】芦田愛菜さんが「一番魂が震えた」と絶賛したこの一冊

スポンサーリンク
書籍・サイト

気になって、読み進めた記事 

でもね 2017年のものです

偏差値70超の超難関中学、慶應義塾中等部に入学した芦田愛菜さん(12)。
読書家としても知られる彼女が、先日、あるテレビ番組で「一番魂が震えた」と紹介し、大きな話題を呼んだのが、『山中伸弥先生に、人生とiPS細胞について聞いてみた』だ。
本書は、山中先生のノーベル賞受賞後初にして唯一の自伝。芦田さんは、「他の人の何倍も努力をされているのに、その努力を楽しんでいる」山中先生の姿に心を動かされたという。天才少女が最も感動した箇所を特別公開!

芦田愛菜さんが「一番魂が震えた」と絶賛したこの一冊(山中 伸弥,緑慎也) @gendai_biz
「現代ビジネス」は、第一線で活躍するビジネスパーソン、マネジメント層に向けて、プロフェッショナルの分析に基づいた記事を届ける新創刊メディアです。政治、経済からライフスタイルまで、ネットの特性を最大限にいかした新しい時代のジャーナリズムの可能性を追及します。

うちののんびり娘にも、是非、この本を見せたい!

医者になりたいと、小学校1年生の頃、言っていたのは、私立に通う娘の同級生たち言っていたから、自分も言ったらしいと、最近しりました・・・。

あ~情けない。

タイトルとURLをコピーしました